ガリレオ】はフジテレビの月曜9時枠で放送されるドラマ
2007年秋の新ドラマである。

東野圭吾原作の推理小説『探偵ガリレオ』シリーズをテレビドラマ化したものである。

キャストには、『美女か野獣』以来4年ぶりのドラマ出演となる福山雅治を始め、
柴咲コウ北村一輝と豪華メンバー!

福山雅治柴咲コウは、このガリレオドラマ初共演となる。

また、ガリレオの主題歌を含め、ドラマで使用される音楽も福山雅治自自身がプロデュース。

探偵ガリレオがどのように事件の謎を解き明かすのかが、このドラマガリレオの見所である。

ガリレオ第二話「離脱る」感想

ガリレオ第二話「離脱る」感想

今回は犯人を見つけるための捜査がメインではなかった。
ある容疑者の無実を証明するための捜査である。

普通、推理ドラマだと犯人は誰か?とか犯人はどのようにして犯罪を犯したのか?という内容がほとんどであるが、ある容疑者の無実を証明するための推理と言うのは記憶に無い。

幽体離脱が蜃気楼現象だったと言うことも面白い。

しかし、これはあまりに非現実的でしょう?

工場で液体窒素流出事故が起こること自体、ほとんど無いことでは?

最後の犯人が、いともあっさり見つかったことも、物足りない。

これだと、湯川が幽体離脱を解明しなくても、真犯人を見つけたほうが事件の解決が早かったような。。。

第一話のほうがはるかに面白かった。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。